植物の命の雫、その1滴は「雑貨」ではありません!

ご存じですか?アロマテラピーの“3つ”の流派

    • イギリス式
      精油をキャリアオイルで希釈してマッサージに用いたり、リラクゼーションや香り、心地良さなどを楽しみます。
      また、精油を飲用することや希釈せずに肌につけることは禁じられているのが一般的です。
    • ドイツ式
      精油を吸引し体内の器官や脳、細胞組織に働きかけることを主としています。
    • フランス式
      精油を嗅いだりマッサージに使用することはもちろん、原液塗布・飲用するなど、医療機関で処方し、ヒーリングやメディカル(治療的)な使い方で用います。
      日本ではイギリス式の考え方で広がりましたが、1990年頃から医療従事者や研究者の一部に精油の持つ様々な効用が広がっています。
      2014年にTVで紹介された「認知症対策」でも大変話題となりました。

★アロマトゥルーでお話ししているのはフランス式を主とし、その他の流派の使い方もモチロン可能♡
全て網羅しているのが≪セラピーグレード≫
そして、○○式を超えた【ホリスティック式アロマ】

セラピーグレードだと使い方いろいろ♪様々な用途に楽しみながら活用できます。

≪ホリスティック≫とは・・・

『全体』を意味するギリシャ語の“holos”を語源とし、「whole(全体)」「heal(癒す)」「health(健康)」「wholesome(健康な、健康によい)」「holy(聖なる)」などの言葉が生まれています。

単に“体”だけではなく心や生き方が全体的につながっている様が“健康”というように、セラピーグレードのエッセンシャルオイルは【生きていることを活かす】叡智やエネルギーを与え、その活用法は香りを楽しむというだけにとどまらないことから、当サイト・アロマトゥルーでは≪ホリスティックアロマ≫としてお伝えいたします♡

「アロマオイル」と「エッセンシャルオイル」は違います!

近年、「アロマ」というフレーズは食品や洗剤など様々な分野で使われていますね!

皆さんの周りにも「アロマ○○」というネーミングがついている物はありませんか?

アロマ=芳香、香り

植物の花びらや葉、種、樹脂、根などの芳香作用を利用して作られているのがアロマオイルです。

しかし!!真のアロマテラピー(芳香療法)で用いるのは

エッセンシャルオイル

エッセンシャルオイル(精油)は、芳香作用のみならず有効成分を高濃度に含有し、特有の機能を持っているものを示します。
100%天然物質であり、人工的に合成された物質を一切含まず、希釈などされていない完全成分のものだけ。

製品によってはアロマオイル≠エッセンシャルオイルということです!

エッセンシャルオイル(精油)のグレード

精油には≪グレード≫があるのをご存じですか?

一般的に普及している多くは「パフュームグレード(芳香等級)」
=芳香を楽しんだり希釈してマッサージしたりの用途とされ雑貨分類の物がほとんど。。。

しかし!!こちらでお話ししてるのは

『セラピーグレード=ホリスティックグレード』
||
心身スピリチュアリティーをサポート
原液塗布可能(化粧品分類)
飲用可能(天然の食品添加物)

芳香・吸入はもちろん、直接塗布や飲用をし、心身の健やかなるサポートに役立てることができるのです♪

あなたの知っている、持っているオイルは・・・
エッセンシャルオイルですか?
セラピーグレードですか? パフュームグレードですか??

エッセンシャル=本質的な、絶対必要な、必要不可欠な

そもそもエッセンシャルオイルは植物の体内で植物そのものが生存する上で必要不可欠な物質。
植物自らの成長のために養分や水分を運び身の丈をのばし花や実をつける・・・

植物の生命体=命・・・私たち人間にとっての血液と同じなのです!

現代ではお薬が開発されるように、古代では植物から抽出したエッセンシャルオイルがお薬だったとく記述は聖書にも数多く記されています。
またそれ以前、エジプトの寺院の壁画に描かれた数多くの象形文字がオイルの調合や製法を描写しています。
それほど長い歴史の中で私たちは植物の命を頂戴していたのですね~♡

人類が誕生する前から地球には自然環境が創造され、すでに植物が存在していました。
私たちがこの地球上で生存していくための必要不可欠なものを与えてくださったのかも♪

その植物の命の恩恵をいただき、心身魂の健康に役立てさせていただく。。。
これが本来のアロマテラピーの基本でもあります。

だた「香り」ではない、ということです!

また、その本来の植物のチカラが発揮できるのはセラピーグレードのオイルだけ!!

※こちらでの表記は一般的にわかりやすいように「アロマ」と表現していますが『セラピーグレードのエッセンシャルオイル=精油』ですのでご安心ください。

エッセンシャルオイルの吸収のしくみ

エッセンシャルオイルの吸収経路

◆芳香・吸入
香りを嗅ぐ、呼吸で吸う、それこそが吸入です。
鼻からは脳へ伝達され、感情や記憶・行動、ホルモン系や内分泌系、自律神経、免疫系などに影響を与えます。
また、呼吸からは肺へと入り全身に作用します。

◆皮膚から
エッセンシャルオイルは小さな分子構造、親油性なので皮膚のバリアゾーンも通過することができます。その成分は血管リンパ管に入り血液から全身の組織や器官への広がり、お役目を終えると排出されます。

◆飲用
食べ物から摂る栄養と同じ経路を通り、消化器系から血液循環にのって全身の組織に働きかけます。

このように聞くと「大丈夫なの?」と懸念することもあるでしょう。。。
たしかにエッセンシャルオイル全てが「大丈夫です!」とは言えません。

だからこそ≪グレード≫が大切なのです。

アロマテラピーの資格をお持ちの方・学ばれた方は

「原液塗布なんてーー!」「飲用なんてーー!!」と驚かれることと思います。
わたくし自身がそうでした。

しかし当時のわたくしは・・・
すっごく効能があるのは学べたけれど、希釈のパーセンテージとかアレコレ・・・
直接触れてはダメ~に気を使ったり。。。

正直「使い勝手が悪くて面倒!!」と感じていました(^_^;)

そして、化粧品等の合成香料はもちろん、エッセンシャルオイルでも頭痛がしてしまう。。。
「わたしには合わないんだな」と単純に思っていました。

 

ところが!!ある日、友人から

「はい、手を出して~~(手のひらにポタっと垂らされ)
 これね、アロマなんだよ♪(えーー直接垂らしたよ~~(;O;))」
・・・(ん?!これ、アロマ? ん!?頭痛になる気配がない!)
今までに感じたことがない香りの感覚。。。
その時のエッセンシャルオイルが「アバンダンス」というブレンドでした♡

エッセンシャルオイルの香りは0.2秒で脳に届くと言われますが

まさに一瞬で!それまでの概念が覆されました\(^_^)/

あの時出会えて良かった♪
拒否せず試してみて良かった♪

こうして豊かさと輝きに溢れたアロマライフがはじまりました。

 

もう少し詳しく!と興味をお持ちくださった方は
サイト管理者・蓮月 恵の無料メール講座≪セラピーグレードエッセンスの真実~全7回≫をご一読いただけると幸いです♡

Schedule

Facebook

パスワード;「free」


「無断転載禁止」をお守りいただける方のみ、上記パスワードでご利用ください

確認後は右上の「CLOSE」をクリックで元ページに戻ります。

×